横須賀市の粗大ゴミの捨て方、行政回収と民間業者回収の違い①

2015.12.24

粗大ゴミの捨て方

“粗大ごみとは、一般家庭から出る一辺の長さがおおむね50cm以上2m以下のもので本箱、棚等の家具、ベッド等の寝具、テレビ、ラジオ、ステレオ等の電気製品などの大型ごみをさします。以前は、日本中でどこも粗大ごみを選別して廃棄するということがありませんでした。選別しての不用品回収の概念がありませんでした。その方が、運搬そして廃棄、粉砕等の流れがスム―スに行っていたからです。ところが、ある時からゴミの量が増えたこと、ごみの種類が増えたこと等により分別したほうが全体的に効率が上がるという状態に変わった来ました。そのため、一般家庭用ゴミの中に紛れ込む前に、選別した方が良い大きなゴミは別途不用品回収するようになったのが事の始まりでした。ここ、横須賀市でも粗大ごみを処分する場合は、事前の申し込みを忘れずにしておく必要があります。 インターネットまたは電話で申し込みを行い、横須賀市が指定する粗大ごみ処理シールを忘れずに購入して、不用品回収を希望する粗大ごみに前日の晩に貼付けた上で出さなければなりません。



お問い合わせは
こちらから

0120-913-625
メール問い合わせはこちら

電話受付時間
8:00~18:00
(土曜日受付可)