先延ばしにしてしますう遺品整理…解決のポイントは“要る物・要らない物”そして、“保留”の3つに分けること③

2016.02.18

モノが捨てられなくてもデジタル化すれば不用品として処分することが可能

横須賀の家で遺品整理をする際に、写真や思い出の品々はごみに出せないと悩んでしまう方がいます。

しかし今はデジタルの時代です。

横須賀の自宅の遺品整理のついでに写真はデジカメで撮ってパソコンに入れておけば捨てても大丈夫ですし、音楽CDや本などもパソコンなどに取り入れておけばごみ扱いにすることができます。

このように横須賀で遺品整理をする時に全てデジタル化すればほとんどごみになりますし、物を最小限に抑えることができるのです。

このようにして、ありとあらゆる情報グッズをデジタル化すれば、ごみとして回収してもらえる品の数を増やすことができます。

また自分の手に負えない植物や動物は遺品整理の時に新たに世話をしてくれる人を探しておくとよいでしょう。

横須賀であれば人口も多いですし、新しく育ててくれる人が見つかる可能性が高いといえます。

ごみを減らし、遺品整理で身軽になって、毎日を心静かに横須賀で暮らすことが人生を楽しく生きる秘訣なのです。



お問い合わせは
こちらから

0120-913-625
メール問い合わせはこちら

電話受付時間
8:00~18:00
(土曜日受付可)